【借金トラブルをすぐに解決】債務整理の悩みを専門家に相談しよう

ニュース一覧

返済が滞り電話が止まない

お金

督促がストップする方法

消費者金融から借りているお金は、返せずにいると督促の電話が鳴ります。支払期日を1日程度遅れたからといってすぐに電話はかかってきませんが、3日や4日程度過ぎると督促行為が開始されます。それでも連絡がつかないと、自宅に督促状が届いたり職場に電話がかかってくることがあるのです。返済が難しいなら、そのことをきちんと話せば相談に乗ってくれたりもしますが、それでも無視をすると利息が積み重なっていってしまいます。遅延損害金も加算されるようになると、請求金額が膨れ上がってしまいます。消費者金融からの督促から逃れることはできず、例えば電話番号を変えて引越しもして住所も変更したとしても債権者には債権保全という目的であれば延滞している債務者の住民票を取得できます。取得した住民票で転居先住所が判明すれば、そこに督促状を送ってくるのです。鳴りやまない督促の電話や督促状を止めるには、弁護士に相談をして債務整理をすることです。債務整理の相談を弁護士にして、正式に受任決定すれば、その日のうちに消費者金融に対して受任通知をFAXします。受任したことが分かった消費者金融は今後直接請求ができなくなるので、弁護士を通してのやりとりとなるのです。これで、督促電話から解放されることができます。債務整理をするにあたって、任意整理や個人再生、自己破産、どの方法にするかは弁護士との相談によりますが、早く経済生活再生を目指すことができます。