【借金トラブルをすぐに解決】債務整理の悩みを専門家に相談しよう

ニュース一覧

完済後と返済中の過払請求

貯金箱

ブラックリストを避ける

債務整理の手続きで、過払い金返還請求は借金完済後と借金返済中どちらであっても請求することができます。すでに借金を完済している場合の過払い金請求はデメリットはほぼないです。以前であれば、完済しての過払い金請求は契約見直しという異動情報が付いたのですが、現在ではその情報が付かないようになっています。あとは、どれだけ腕のいい弁護士を探すかです。返還実績とノウハウのある法律事務所では、請求の満額近い額で取り戻すことができる場合があります。問題は、借金返済の最中に行うことです。このまま頑張って借金完済をしてから請求すればいいのか、それとも返済途中でも請求すべきなのかです。ベストな選択は、完済をしたからですが、その方がブラックリストにも載らないです。ただし、現在抱えている借金の金額によっては完済の予定期間が何年も先、また完済をしてからでは借入先の金融機関が倒産してしまってからでは請求ができなくなります。支払いが困難、遅れがちという方は債務整理してしまったほうが、ブラックリストには載ったとしてもその後の返済が楽になるケースがあります。残高がある状態で過払い金請求すると、任意整理で債務整理をすることになるのですが、取引期間が10年以上の長い期間あると計算すれば現在抱えている借金よりも過払い額のほうが大きい場合になります。過払い額で現在の債務が完済することができるのであれば、ブラックリストに掲載されずに債務整理ができます。