【借金トラブルをすぐに解決】債務整理の悩みを専門家に相談しよう

ニュース一覧

どんな方法で解決するのか

説明

種類と内容

債務整理とは、返済できない借金を抱えてしまった時に弁護士の協力を得て、債権者に交渉をしたり、裁判所に申立てをして借金を減額または免除してもらう方法です。任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4つの手段があり、それぞれ手続きの内容や減額できる借金に違いがあります。任意整理は、弁護士に代理人として債権者に借金の減額交渉をしてもらう方法です。裁判所を通す必要がないので手続きは簡単ですが、あくまで交渉になるため、債権者が和解を受け入れないと借金の減額はできません。また、交渉の前に金利の引き直し計算によって、払いすぎた利息の有無を確認をします。もしも払いすぎた利息があれば、それを取り戻し、借金から相殺することができます。特定調停は、弁護士に依頼せずに債務者自らが債権者に借金の減額交渉をする方法です。自分で行うので弁護士費用がかからず、かなり安く債務整理をすることができます。裁判所を通して仲介してもらうので交渉自体は難しすぎることはありませんが、時間を割く必要があります。個人再生は、裁判所に申立てをして借金を5分の1または100万円まで圧縮できる方法です。圧縮した借金を原則3年で完済出来れば残りの債務は免除されます。住宅は残して整理できるので、財産を失うことはありませんが、手間はかかるでしょう。自己破産は、裁判所に申立てをして承認されると借金を全て免除してもらえる方法です。上記の整理方法でも解決できない場合の最終手段として利用することになります。