【借金トラブルをすぐに解決】債務整理の悩みを専門家に相談しよう

ニュース一覧

借金を片付けるための費用

男性

手段によって変わる費用

債務整理は一般的に法律家に依頼して行うものです。整理方法によっては個人でも手続きをすることはできますが、いずれにしても手間、時間、知識を必要とするため個人で行うにはハードルが高いので専門家に依頼するのが良いでしょう。債務整理には任意整理、特定調停、個人再生、自己破産がありますが、うち任意整理、個人再生、自己破産の3つでは弁護士に依頼することになります。任意整理の費用は着手金と報酬金が発生します。着手金は債権者1社あたり3万円〜5万円が相場です。報酬金は「債務整理事件処理の規律を定める規定」により、1社あたり2万円以下の制限があります。また、過払い金請求を行う場合は減額報酬となり、こちらも規制があるため、実際に減額できた金額の10%が上限です。個人再生の費用は報酬金が発生します。上限制限はありませんが、個人再生はどの弁護士が行っても比較的同じ結果が得られるため、弁護士によって費用差が生じることはあまりありません。報酬金に着手金と手数料込みで、40万円〜60万円が相場です。ただし住宅ローン特則を利用する場合は5万円〜10万円ほど相場が高く設定している弁護士もいます。自己破産の費用は着手金と報酬金が発生します。弁護士と債務者の合意で費用が決定するため費用は原則自由ですが、着手金は20万円〜30万円、報酬金は0円〜20万円が相場です。同時廃止か管財事件かでも変わりますが、総額で言えば20万円〜50万円が目安になります。